WindowsMobile用タスクマネージャー「iManager」がすばらしい。
iManager - 3D Task Manager | Windows Mobile Development and Hacking



WindowsMobile用のタスクマネージャーには他にも色々なアプリがあります。たとえば、



で、これらと比較して「iManager」の何がすばらしいって

  1. ウィンドウの表示内容を確認しながらタスクが切り替えできる点。
  2. 豊富な設定項目
  3. 完全タップ&スライド操作

「TaskFacade」に似ていますが、「iManager」の場合、ウィンドウの一覧は表示されず、画面に表示されるウィンドウは一枚のみでそれを指のスライドで切り替えるわけだから、操作性もかなり違います。その上、「TaskFacade」はスキンを切り替えてもどうにも表示が野暮ったいのですが、こちらはシンプルな表示内容なので、そういった感じはありません。
で、何故このタイミングで「iManager」の紹介記事なんか書くのかと言うと、先日のアップデートで「iManager」に設定画面とCABインストーラが追加されたからに他なりません。
と言うのも、「iManager」は上記の様に設定項目が豊富で

  • 背景設定(透明度、画像指定)
  • 表示除外&終了除外設定(実行ファイル指定、ウィンドウタイトル指定)
  • スタートアップ設定
  • レンダー設定(GDI、Direct3DOpenGL、リアルタイム)
  • スクリーンショット設定(取得感覚、透明度、品質)
  • スクロール動作設定(スライド操作時の反応を数種類切り替え)

こんな感じで、色々あるのですが、これの設定が非常に面倒だったわけです。
それが今回、Sense風の設定アプリが同梱されたおかげで、設定が非常に易しくなりました。
見た目重視のタスクマネージャーや、スライド操作によるUIがご希望の方に「iManager」はお勧めです。